作者情報

私は姫路が大好きなんです。今年でもう45歳なんですけどねぇ。姫路駅まわりでストリート・ミュージックをしていまして。良ければ私のライブ見に来てください!シンバルと私のパーカッションを是非とも見て下さい。


姫城丸の冒険-5話のストーリー

この話は、姫路城が出来る前の話です。主人公の姫城が城下町を遊び回っている所から姫路城の「何かが決まる」までの話をしていきます。さて何かとは何でしょうか?

 

私が思ったいいところ

姫城の性格をもっと分かりやすく描いてくれればもっと感情移入がしやすかったのではないかと思います。でも、友人の為に身の潔白を示したあの気持ちは現代の人間には無いのではないかと思いました。その部分にアニメですが感動し涙を流しました。

 

このアニメへの口コミ

初回から次の展開が読めない

始まりは少し見逃したのですが、既に町内のオヤジと口論する一歩手前の状態でした。全5回しかないからか、スタートから途中までが全てぶっ飛んだ構成になっていたが次に何が起こるのか全く予想できませんでした。

 

3回目から見た。残り2話……

初回、2回目の回想シーンで番組の半分が終っていました。ストーリーが読めるような、読めないような感じですが何となく結果が見えました。でも楽しみです、予想を裏切られそうだからです。そっちに興味があります。

 

最終回なの?コレ

初回から見ていました。録画もしていますが、やっぱりLIVEで見たいので今日も会社が終ったら真っ直ぐ帰宅します。最終回の本当に最後の最後に姫路城の上大雪を振らしていましたが、それが姫路城を白くした理由に無理やりして終わりなのであれば姫城丸は今まで難の為に?と思ってしまいました。